通学時の危険を回避しよう!

毎日の通学にはどんな危険が潜んでいるかわからない

大切な子どもたちが毎日使う通学路、そこに潜む危険は考えればきりがありません。かといって毎朝の通学を見守るほど、保護者にも時間がありません。そんな時に大切なのが、防犯対策です。
年齢によって様々な防犯対策がありますが、最近ではランドセルを買ったら防犯ブザーが付いてくる、入学したら防犯ブザーをプレゼントされるなど、企業や学校もたいせつな子どもを守るために、出来る限りの対策に協力的です。また、地域での有志の方や当番制での見守り活動や、通学路の死角になる箇所や事故が起こりやすい場所への防犯カメラの設置なども、積極的に行われています。他にも、学校と企業、市町村などの公的な機関が連携、提携しての防犯サービスなどの対策も推進されており、保護者が少しでも子どもの通学時に安心して送り出し、迎え入れることのできるような配慮がなされています。
このような防犯対策の他にも、学校が子どもたちに向け、防犯意識を高めるための講座を警察や地域の防犯係の方を招いて行ったり、低学年向けの人形劇や映像を見せることで、わかりやすく、それでいて犯罪に巻き込まれることの恐ろしさをしっかりと教えたりする場を設けています。近所、地域の人たち皆で子供たちの安全を確保していきましょう。

通学の時の防犯対策には様々な方法を考える必要がある

最近のニュースを見ていると、何の罪もない幼いお子さん達が危険にさらされているという現状が放映されています。そして、一番安全だと思っていた通学の時に狙われるというケースが多いのもまた事実です。そんな時に、お子さんの安全を守れるように様々な方法を考えておく必要があります。安全ブザーを持たせているから安全という訳ではないのです。
例えば、防犯ブザーを取り上げられれば意味はありませんし、防犯ブザーを鳴らしたからといって近くに誰もいなければ意味がありません。例えば通学路には出来るだけ人通りが多い道を選ぶとか、大きな声で助けを求められるかなどは、日頃から話し合う必要があると思います。そして、地域との繋がりはやはり大切にしましょう。小さな子供は自分の身を守る事が出来ません。やはり地域の人達の協力は欠かせません。
防犯対策というのは、グッズばかりを重視しがちですが、人と人との交流こそが防犯対策として完璧なのではないかと思います。子供達が安全に通学路から通えるように、日頃から不審者がいないかどうか住民も気をつけなくてはなりません。子供達の安全を守るには、地域の協力がとても大切になってきます。

CHOICES

WHAT'S NEW

2018/06/20
人の目が安心できる防犯対策です
2018/06/20
一番の防犯対策は助け合い!
2018/06/20
防犯グッズは通学時の子供を守ります
2018/06/20
通学時の危険を回避しよう!
TOP