人の目が安心できる防犯対策です

全員の協力が必須!通学時の防犯対策

最近、頻繁に目にするのが小学生の通学時の事件や事故のニュースです。凄惨な事件に自分の子どもであればと、つい考えてしまいます。登下校時には防犯対策として地域ボランティアの人たちが通学路に待機して見守ってくださる地域も多く、またボランティアの人が小学校の保護者と情報を共有する取り組みがある地域も増えています。
各家庭でできる防犯対策としては、防犯ブザーを子どもに持たせて、登下校時に学校の門をくぐるとメールが送信されるシステムも通学には欠かせないものです。防犯グッズやボランティアの人の活動に加えて、子どもたちに防犯の意識を持つような防犯教室はかなり、犯罪を未然に防ぐのに効果的です。小学校では不審者が近づいて来そうになったら「タッチアンドゴー」で逃げるという合言葉を子どもたちに教えたり、不審者が隠れそうな場所を地図を見ながら、実際に歩いて確認する授業など様々な方法で子どもたちを犯罪から守る取り組みが続いています。
さらに最近は小学生でもスマホを持っている子どもが多いので、ネットから子どもたちの住所や名前が流出して、事件に巻き込まれるなど思わぬ所に潜む危険にも気をつける必要があります。子供たちの視野は広くないので、大人たちで危険な点を改善していきましょう。

防犯の第一歩は防犯ブザー!

通学時、お子さんの防犯対策はしっかりとできていますか。急に車が突っ込んで来たりするのは防ぎようが有りませんが、防犯対策は立てておけばそれが役に立つという事も有ります。お子さんと一緒に見直してみましょう。
まず、学校に行く時には通学路を利用するようにします。これは鉄則とも言えますが、通学路として指定されていない所を通る危険性は大きいです。車通りに関してもそうですが、人通りが少ないところは犯罪発生率も高いと言われていますので要注意です。特に小学生のお子さんは寄り道をして帰ってくる事も多いですが、その際も通学路を通るようにしっかりと確認をしておくことが大事です。
また、防犯ブザーをランドセルにつけるようにしましょう。いざという時にすぐに使えるように、家でそれを鳴らす練習をしておくのもお勧めです。大声を出すというのもその場になってみると意外と難しいものですが、引っ張るだけなのでその方が使える可能性は大きいです。防犯ブザーの音はかなり大きいので、何かあっても犯人は驚いて逃げてしまったり、周りの人が助けてくれる可能性も高まります。防犯の第一歩として、ランドセルには防犯ブザーを着用しましょう。

CHOICES

WHAT'S NEW

2018/06/20
人の目が安心できる防犯対策です
2018/06/20
一番の防犯対策は助け合い!
2018/06/20
防犯グッズは通学時の子供を守ります
2018/06/20
通学時の危険を回避しよう!
TOP