防犯グッズは通学時の子供を守ります

通学中の子供たちの安全をまもるために

近年、通学時の子供を狙った卑劣極まりない事件が多発しているように思います。お子さんのいらっしゃる方はもちろんですが、不安を感じている人は多いと思います。通学中の子供が狙われるケースがとても多いと実感しますが、家庭の事情や学校の方針などもあって、常に親同伴で通学する訳にはいかないという現実問題もあります。
登校はグループで行っていても、下校の時間は学年によっても違いますし、途中まではお友達と一緒でも、別れた後に一人で帰るということもあります。親も子供も少しでも安心するための防犯対策として、子供用の携帯電話を防犯用に持たせるというのも良いと思います。子供が携帯電話を持っているのが見てわかるだけでも、少しは防衛になると思います。
また、お子さんのいない方や子育てを終えられた方にとっても、地域の子供たちの安全を守ることは、自分達の暮らす街の平和に繋がることなので、決して他人事ではありません。普段の生活に少し工夫をするだけで、立派な防犯対策になるのです。例えば、毎日行う犬の散歩を登下校の時間に合わせてみたり、庭に花壇や家庭菜園などを作って、外から見える場所に居る時間を増やしてみるなど、些細なことから防犯対策を行っていきましょう。

通学時の防犯対策としては家庭での決まり事を徹底することが大事

この現代社会の中では、今までには想像すらできなかったほどの異常な犯罪があたりまえのように起きています。そんな中で保護者の方は通学中のお子様の防犯対策について心配されていることでしょう。学校への通学路は必ずしも安全とは言い切れません。
通学路で発生する事件や事故は本当に多く、時間帯から見れば登校時間である8時前後と下校時間にあたる15時から17時に集中していることが分かります。やはり被害にあいやすい年代は、小学校高学年よりも低学年の児童が圧倒的に多いことが報告されています。
児童たちが被害に遭う状況には特徴があり、一番は一人でいるときというのが多いです。やはり数人でいるときには被害にあいにくいということもありますから、防犯対策としては、児童を一人きりで登校や下校をさせないということが言えます。自宅から学校への距離に関係なく、できる限り児童を一人きりにしない工夫が必要です。
まだ小さなお子様だと、下校のときも友達と遊びに夢中になってしまうことがあります。ですから暗くなる前に帰ることを習慣づけることも必要でしょう。もし、一人になってしまったら、人がいない道は通らないこと、これを充分に理解させることも大事です。防犯対策としては、やはり各家庭での決まり事を徹底することも大切です。

CHOICES

WHAT'S NEW

2018/06/20
人の目が安心できる防犯対策です
2018/06/20
一番の防犯対策は助け合い!
2018/06/20
防犯グッズは通学時の子供を守ります
2018/06/20
通学時の危険を回避しよう!
TOP