通学の防犯は皆の協力が必要!

子どもたちの安全な通学のために

近年、通学時の子どもの連れ去りは増加していて、卑劣な犯罪もあります。子どもたちがそんな事件に遭わないために、通学時や下校時の防犯対策をしっかりしておくことが必要です。まず、防犯ブザーを携帯させることです。持たせるだけではなくて、しっかりと音が出るか、子どもが使用方法を理解しているかを確かめておく必要があります。大きな声を出す練習や、ホイッスルを鳴らす練習をしておくと、なお良いでしょう。
子どもの名札は、通学時は裏向きにしておくか、外しておいてください。持ち物に名前を書く場合も、見えないところに書いた方が安心です。停車中の車からは、距離をとって歩くように指導しましょう。特にエンジンがかかっている車には要注意です。
今は、不審者情報などを地域で共有して一斉メールで通知することも多いでしょうが、知っているだけでは何の防犯対策にもなりません。一度、大人がその場所におもむいて危険がないか確認することが重要です。草木が伸びて見通しがわるくなっていたり、新しく工事現場になっていたりすると危険ですので、地域の人々で順番に見守るなどして、子どもたちの安全を守っていきましょう。ホームセンターなどには、防犯グッズも豊富に販売されているので購入してみるのも良いです。

みんなで通学路を見守って子供達を守ろう

お子さんをお持ちの方ならだれもが気になるのは、子供が安全に暮らせるかどうかです。特に通学時の安全対策に頭を悩ませている方も多いと思います。さまざまな防犯グッズも出ておりますが、せっかく防犯ブザーやホイッスル等を持たせても子供達が頻繁にいたずらして鳴らしていては、効果が無いのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。
防犯対策としてさまざまなグッズに頼るのも悪くはありませんが、ここはまず根本に着目しましょう。犯罪を犯す人が一番避けたい事は、人目に付くことです。だいたいの犯罪は人目を避けた場所を選んで行われています。逆に常に誰かの目があるところでは、不審者も子供達に手出しをするのは至難の業です。そのため学校やPTA、近所の町内会などの方々が連携して通学路に立って、子供達の登下校を見守っているところも多いと思います。常に人目がある事が一番の防犯対策です。
皆が意識して自宅前を通る子供達を見守るだけでも、大事な子供達を守ることが出来るでしょう。仕事がある人なら、通勤時少し意識して子供達に目を向けるだけでも効果はあります。通学時に限らず、あらゆる場面で学校やPTAだけに頼るのではなく、皆が地域の子供達を守るという意識をもって子供達を見守ってみてはいかがでしょうか。

電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 チャージ残額も通知される見守りサービスは、まもレールだけです! 通学時に最も役に立つ防犯グッヅの紹介や購入が見れます

CHOICES

RECOMMEND ARTICLE

一番の防犯対策は助け合い!

通学の時はなるべく一人にならない事が大事 通学の時は、親が一緒に登校するわけではないので、防犯対策をしっかりしていないと、心配です。特に一人で通学している時は狙われやすいのではな…

人の目が安心できる防犯対策です

全員の協力が必須!通学時の防犯対策 最近、頻繁に目にするのが小学生の通学時の事件や事故のニュースです。凄惨な事件に自分の子どもであればと、つい考えてしまいます。登下校時には防犯対…

防犯グッズは通学時の子供を守ります

通学中の子供たちの安全をまもるために 近年、通学時の子供を狙った卑劣極まりない事件が多発しているように思います。お子さんのいらっしゃる方はもちろんですが、不安を感じている人は多い…

WHAT'S NEW

2018/06/20
人の目が安心できる防犯対策です
2018/06/20
一番の防犯対策は助け合い!
2018/06/20
防犯グッズは通学時の子供を守ります
2018/06/20
通学時の危険を回避しよう!
TOP